にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2006年10月31日

    航空自衛隊航空祭@浜松基地 (2006/10/29)

    10月29日、航空自衛隊浜松基地(静岡県)の航空祭(「エア・フェスタ2006」というイベント名)を見に行きました。
    天気は前日は雨で一時はかなり強く降り、当日も午前中は降ると思われたのですが、朝から晴れ。去年は12月開催で寒かったのですが、今年は午前中から暑く、昼頃には売店の飲み物がどこもほとんど品切れ状態でした。ちなみにマスコミ報道によると、入場者数は約9万人だったそうです。

    今回、7時前に浜松駅から基地行きのシャトルバスに乗りました。ほぼ待たずに乗れ、最初はスムースに進んだのですが、基地手前でバスが渋滞。T-4の離陸をバスの中から見ることになってしまいました。バスが止まっていた時間は約30分、途中で降りてしまうお客さんもいました。ただ、結果としては、最初に降りたお客さんは、それはそれで良かったかもしれませんが、後になってぞろぞろ降りて行ったお客さんは、バスに追いつかれてしまいました。

    E-767(AWACS)のフライトは、十分見られました。前日が雨天だったせいなのか、旋回時にベイパーが出てました。後に小松基地からリモートで来た2機のF-15、岐阜基地からのリモートで来たF-2も、やはりベイパーが随所に出ていました。

    救難展示で飛行したMU-2とV-107。この組み合わせによる展示飛行は、今年で最後らしいです。

    その後はT-4による編隊飛行、エアロック(AIRock)や、ブルーインパルスのアクロバット飛行に続きました。風があまりなかったため、スモークが流れずに残りやすい状態で、特に「スタークロス」を行った時のお客さんのウケが良かったようです。
    まあ、どのフライトも、逆光の中で見るため、目がちょっと痛くなることもあります。天気が悪いよりはいいのですが、できたら昔のように基地の南側を解放して欲しいと思った次第です。

    ブルーインパルス演技終了後、これらの機を含めた飛来機(除F-18)のお見送りをした後、帰りのバス乗り場へ。しかし、バスがなかなか来ません。どうやらまた渋滞している模様。結局、私はバス乗り場で1時間以上待ちました。そしてその間に2機のF-18が離陸。今回はそれほどの爆音を出さずに飛んで行ってしまいました。
    今年に限らず、基地周辺でシャトルバスが渋滞に巻き込まれるのですが、公共交通機関を使う人たちにも、もう少し配慮が欲しいと思ったりします。

    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 22:59 | 東京 🌁 | Comment(1) | TrackBack(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 航空自衛隊航空祭@浜松基地 (2006/10/29)

    2006年10月23日

    WPC TOKYO 2006

    10月21日、「WPC TOKYO 2006」を見に東京ビッグサイトへ行きました。
    今回から名称が「WPC TOKYO」に変わった、このイベント。展示面積が去年よりもだいぶ減ってしまいました。と、いうのも今回同時開催の「Biz Innovation2006」「eドキュメントJAPAN 2006」「Security Solution 2006」を別フロアで開催し、ビジネス指向の展示はそちら方面に行ってしまったから。だが、できることであればこちらも土曜日までやって欲しかったです。
    去年の主催者サイトは「WPC TOKYO 2005」から見られます。

    以下は、興味を引いた物。

    ●マイクロソフト
    大きなブースでWindows VistaやOffice 2007のデモをやっており、大量のノートPCで新ソフトが自由に触れるようになってました。
    私も初めてWindows Vistaを触りました。外観が結構変わっており、だいぶ凝ったイメージがある反面、何かCPUパワーやメモリをたくさん食いそうな予感がします。デモ用のノートPCはCPUクロックが2GHz、メモリは2GBのようです。
    Internet Explorer 7が入っており、USER AGENTを調べてみたら、Windowsのバージョンが「6.0」になっているのを発見。Windows 2000がNT5.0、XPがNT5.1だったのに、VistaはNT6.0。OSを大きく刷新したという意味ですか。

    ●主催者ブース
    【日経パソコンオンライン】「眞鍋かをり流ヒットブログの作り方」を見逃すな!に載っているが、眞鍋かをりがこの日に出演。ブースは超満員になり、この日最大の混雑だったかも。彼女は最近の「炎上」について言及し、「揚げ足を取られるような事を書くな」とも。

    ●物販コーナー
    東芝のSDメモリカード1GBが1990円、2GBで4290円で販売していました。今は特に必要ではなかったので、買いはしませんでしたが。


    ■関連記事
    WPC EXPO 2005 (2005年10月30日)
    posted by fullmoon-pon at 00:40 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - WPC TOKYO 2006

    2006年10月09日

    F1日本GP@鈴鹿(2006/10/8)

    10月8日も朝から晴れ。昨日同様、風も強いです。お客さんも予想通り、昨日以上の入りです。前日まであったプログラムも、私が朝来た時点でどこも完売。例年、少なくとも決勝日の朝はまだ売っていたのに、大変な売れ行きだったようです。

    レース前にイベントがあり、かつてのF1ドライバーが古いF1マシンに乗ってコースをデモ走行しました。
    ラインアップは
     ゲルハルト・ベルガー → '91年 マクラーレン・ホンダ MP4/6
     イヴァン・カペリ → '88年 マーチ・ジャッド 881
     鈴木亜久里 → '90年 ラルース・ランボルギーニー・ローラ90
    なのですが、亜久里のマシンが途中でストップ。氏はマシンから降りてしまいました。現在、彼が代表になっている、「あの」F1チームの行く末を案じているような…。

    今年の国歌演奏では、T-SQUAREが担当。彼らが演奏するシーンは、サーキット内のディスプレイでは、少ししか映っていませんでしたが、後で見た地上波のVTRもやはりほとんど映っていませんでした。寺井尚子の時は、演奏したところを全部映していたのに、何か腑に落ちないものがありました。

    決勝レースが開始。近くのお客さんがイヤホンを付け、横向きにした携帯電話を使っています。どうもワンセグ放送による生中継が見られるようです。

    レースそのものは、全体的に比較的単調な展開。予想通り、フェラーリのマッサ(F.Massa)とシューマッハ(M.Schumacher)が飛び出し、後にシューマッハが抜いてトップに。2回目のピットストップを終え、コースに出たときは、お客さんから多くの拍手が出たのに、デグナー付近で煙を吐いてリタイア。お客さんからは、「えー! どうして?」という空気感が漂ったのでした。私が後に見た地上波放送のVTRでは、CM中にマシントラブルが起こったようで…。生中継だから、たまたまそういう状況になってしまったと言ってしまえば仕方ないのですが、視聴者は怒ったんだろうな。

    マシントラブルといえば、アルバース(C.Albers)がピットイン前に後部が勝手に壊れて部品が飛び散るシーンに驚き。最初は、別のマシンが後ろから追突してきたような壊れようだったのですが、自損事故に驚きなのでした。

    レースはアロンソ(F.Alonso)が優勝。スーパーアグリは、佐藤琢磨、山本左近が完走。両者ともに完走は珍しい。今のチーム状況からすれば、十分か。
    表彰式では、3位のフィジケラ(G.Fisichella)があまり嬉しそうではなかったし、シャンペンファイトにも参加しなかった状況が理解できませんでした。地上波のVTRでも触れていなかったし、何だろうとと思っていたのですが、ネット上の情報によると、最近、友人が亡くなったためだったらしいです。

    帰りは予想通りの混雑。小耳に挟んだ情報によると、シューマッハがリタイアした時点で帰ってしまったお客さんもいたとか。日本にもこういうお客さんがいるんですね。かつてのブラジルGPでは、今は亡きアイルトン・セナがリタイアすると、お客さんの多くがゾロゾロ帰りだしていましたが。

    帰りに、鈴鹿サーキットでは、「メモリアルチケット」なる物の引き換えを行っていました。かつての入場券はその年ごとに色々なデザイン画が描かれていたのですが、現在はチケットぴあなどで発券するような、味も素っ気もないオンラインチケットになってしまいました。なので、入場券と引き換えに綺麗な絵柄の券がもらえるのです。

    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 10:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - F1日本GP@鈴鹿(2006/10/8)

    2006年10月07日

    F1日本GP@鈴鹿(2006/10/7)

    10月7日は朝から快晴。日差しが強いが、風も強すぎ。これは非常に困り、カメラを構えようとすると、風で煽られてしまいます。帽子をスタンド席の外に飛ばされるお客さんも何人か見ました。何か、ゴミがコース上に舞い込みそうな予感が…。かつて(1993年あたりだったと思う)、シケインスタンドに設置してあったテレビカメラが強風に煽られて落下したという事故があったと記憶しています。

    午前はフリー走行の3回目を行い、午後からは公式予選。Q1(Qualify1)ののっけからSUPER AGURIの山本左近がヘアピンあたりでコケてしまう。本人は車から降りしばらくの間は愕然としていた模様。場内のお客さんも最初は、「なんで?」と狐につままれたような感じ。

    そしてQ2(Qualify2)の圧巻はミハエル・シューマッハ(Michael Schumacher)の1'28.954という、驚異的なレコードタイム。場内の実況放送では、きっと1分30秒切るだろうなんて予想していたのに、29秒を飛び越えて28秒に達するなんて、誰も予想していませんでした。

    Q3(Qualify3)でコースに出る時のフェラーリ、ルノー2台ずつの車のせめぎ合いも面白かったです。フェラーリの2台がコースに出るゲート前にいち早く並んで待機、ベネトンの2台がその横に飛び込むような形で待機。結局、フェラーリの2台が先、ルノーが後でスタートしたが、フェラーリ組後尾のマッサ(F.Massa)がルノー組先頭のアロンソ(F.Alonso)を邪魔すると受け取れるような走りをし、その様はまるで決勝レースモード。

    予選が終了する頃、雨がパラパラ降ってきました。青空の面積はまだ多く、雨具を使うほどではありませんでしたが。

    公式予選の結果、
     1列目 フェラーリの2名
     2列目 トヨタの2名
     3列目 ルノーの2名
     4列目 ホンダの2名
    と興味深い順序。今回は非常に楽しめる公式予選でした。

    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 23:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - F1日本GP@鈴鹿(2006/10/7)

    2006年10月06日

    F1日本GP@鈴鹿(2006/10/6)

    今週からF1日本グランプリ開催で、朝から、鈴鹿サーキットへ行きました。天気は前日からの雨降りが続き、この日も雨。ザーザー降りではないが、傘無しでいるのは無理という感じでした。

    午前のフリー走行では、雨が一時止んだかと思ったら、またパラパラ降るような、はっきりしない天候。車もそれほど走りはせず、上位チームは動き無しです。

    午後のフリー走行が始まる頃になると、雨はほぼ止んだ状態。当初はサーキット上空は雲いっぱいで、かなたの山岳部に少し晴れ間が見える程度。しかし、その後天気は急激に回復し、フリー走行終了15〜20分前になる頃には、結構な好天。この隙にと言わんばかりに車が大量に押し寄せました。フリー走行が終わる頃には快晴で、暑いくらいの気温となりました。

    この日は金曜日の割にはお客さんが多かったです。さらに、朝、白子駅前で手書きで「チケット譲ってください」の紙を持った人を発見。こういう人は数年ぶりに見ました。ここ数年は、どこでもいいんだったら、当日でもどこかしら指定席が買えていたのに、今回はチケットがまったくないとの事。
    それからダフ屋は、これまでも今年もサーキット周辺に何人もいます。通りすがりにダフ屋同士の会話が聞こえてしまったのですが、「何枚買った?」の問いかけに「まだ1枚」と渋い返事、余り物のチケットもそれほど出回っていないのでしょうか。

    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 23:26 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(2) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - F1日本GP@鈴鹿(2006/10/6)

    2006年07月31日

    航空自衛隊航空祭@百里基地 (2006/07/30)

    7月30日、百里基地(茨城県)の航空祭を見に行きました。
    私がこの基地へ行くのは、かなり久しぶり。前回行ったのは、数年とか十年少し前だったかと。

    この基地での航空祭開催において、最大のネックは交通の便の悪さ。最寄り駅からは、バスで行くのですが、とてつもない渋滞になるのです。そのため、私が以前行った時は、途中でバスから降り、徒歩で現地へ行きました。

    で、おそるおそるバスに乗ったところ、渋滞がまったくなく、拍子抜けするくらい、あっさりたどり着いてしまいました。当初はバスに1〜2時間缶詰になることも覚悟していたのですが、以下のような感じです。
     6:30 JR石岡駅着
     6:48 バス出発
     7:19 基地到着

    当日の天気は早朝は曇。その後、飛行機が飛ぶ8時台頃には、青空が見え始め、時間が経つにつれ、良くなっていきました。晴れた強い日差しのおかげで、日焼けしているお客さんが多数。そして風が強かったです。
    そんな暑い状況の中、多くの売店がペットボトルのジュース(500ml)を100円で売るという、良心的な商売。150円で売っている店は、あまりなかったです。

    当日の飛行スケジュールは、以下のとおりです。
     航過飛行 F-15
     空中偵察(空中撮影) RF-4
     航過飛行 F-15・RF-4・T-4
     AIR-Rockチーム ピッツ
     デモスクランブル・機動飛行 F-15
     機動飛行 F-2
     捜索救助 UH-60・U-125
     曲技飛行・PACAF F-16
     曲技飛行 ブルーインパルス
     (これら以外にもブルーインパルスジュニアも有り)

    見どころは色々とありました。F-15、RF-4、T-4計11機による異機種編隊や、F-15のデモスクランブル・機動飛行、F-2特別塗装機の機動飛行、米軍のF-16による曲技飛行がまた面白い。F-15が派手に飛び回った時、機体からはベイパーやらコーンやら、白い物が出まくり状態。あれだけの物が出るのを見たのは、初めてです。F-15を自分の所で保有している基地は、いいですね。10年以上前、ここへ行った時は、F-15同士による模擬空中戦をやっていたし。

    ブルーインパルスは、5番機が何やらトラブルがあったらしく、今回は地上でお留守番。代わりに垂直尾翼に番号が入っていない予備機が飛びました。
    「キューピッド」や「スター&クロス」は、客ウケがいいです。
    「キューピッド」の「矢」の部分は、スモークを焚いたら、途中でオフにし、矢が「ハート」の向こう側へ貫いたら、再びオンにしているんですけど、以前もそうでしたっけ。
    このT-4からも少しベイパーが出てました。今日は気象条件が良かったのでしょうか、色々なジェット機がベイパーを出していました。

    今回の航空祭、かなりの「当たり」の部類だと思います。

    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 00:09 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(2) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 航空自衛隊航空祭@百里基地 (2006/07/30)

    2006年05月30日

    NHK技研一般公開2006

    5月28日、NHK放送技術研究所での「技研公開2006」を見に行きました。
    興味があったものをざっと書きますと、こんな感じです。

    スーパーハイビジョンシステム
    7680×4320画素と、縦横ともにハイビジョンの4倍の解像度を持つシステム。横幅が10mくらいあるスクリーンで数分程度の上映会も行ないました。
    今回はリアルタイムでの伝送映像とデモ用の非圧縮映像の上映。前者は、研究所の建物入口に据え置いたスーパーハイビジョンカメラで撮影した映像を、本放送を想定したような伝送経路をたどって表示するシステム。こちらはややノイズっぽい所もありましたが、非圧縮のデモ映像はかなり緻密。小さく映った高層ビルの窓がキッチリと見えるくらいです。

    カメラに映らない情報を利用した番組制作技術
    スタジオでの番組システムですが、スタジオ現場のプロジェクターに「カメラに映らない文字」が出ていたのは、ちょっと不思議な感じでした。
    つまり、スタジオ内に視聴者へ見せるためのプロジェクターがあるのですが、そこに「カンニングペーパー」も合成表示させてしまうのです。ただ、カンニングペーパーを視聴者に見せてはマズイので、見せない工夫が必要です。そこでカメラとプロジェクターで同期を取り、カメラの電子シャッターを閉じた時にカンニングペーパーを表示させるということをしているのでした。


    今年は全部見終わるまでの時間が短かいと思ったら、展示数が減っていました。
    2005年公開展示は47点、2006年公開展示は30点でした。

    この日はついでにここの食堂で昼食を食べました。値段の安さとか味など、いわゆるよくある社食でした。それから、テレビも設置してあり、NHK総合が見放題でした。


    ■関連リンク
    【Phile Web】未来の放送技術が集結 − 「NHK技研公開2006」会場レポート(1)
    【Phile Web】未来の放送技術が集結 − 「NHK技研公開2006」会場レポート(2)


    ■関連記事
    NHK技研一般公開2005 (2005年05月31日)
    posted by fullmoon-pon at 06:20 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - NHK技研一般公開2006

    2006年01月02日

    東京ミレナリオ

    1月1日、東京ミレナリオを観に東京駅へ行きました。
    現地に到着したのは、2時頃。この日は開催最終日で、特別に0時から3時までの展示です。

    他のウェブサイトでは、東京駅で動けずに2時間待ったなどという記述を目にしたのですが、この時間帯はそうでもありません。混んでいるかと言えば混んでいるのですが、どこかに待機せず、普通に歩いて行けました。
    そういう状態なので、終了の3時まで粘ることにしました。通りの真ん中をくぐった後は、脇の歩道を通って元に戻りながら、また見物。

    リミットの3時が近づくと、もうすぐ通行規制が解けるとの連絡が伝わってきました。そして3時ジャスト、電飾がいきなりばっさり消灯。通りの人達からは、「えー」という驚きの声やら悲鳴が聞こえます。点灯中は、BGMを流すなどの演出をしていたのに、終了は本当にあまりにも唐突すぎ。消灯もフェードさせて終わるような演出にすれば良いのにと思ったりしました。

    点灯時の画像は、あちこちにありますので、こちらには消灯直後の画像を張っておきます。
    ミレナリオ消灯


    東京ミレナリオは、東京駅の赤レンガ駅舎の工事が始まるため、一旦休止です。次回の開催は未定です。


    ■関連リンク
    東京ミレナリオ公式ウェブサイト
    【毎日新聞】ミレナリオ:光の回廊にうっとり 東京・丸の内
    posted by fullmoon-pon at 19:15 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(2) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 東京ミレナリオ

    2005年12月06日

    航空自衛隊航空祭@浜松基地 (2005/12/04)

    12月4日、浜松基地(静岡県)の航空祭(この基地では「エア・フェスタ2005」というイベント名)を見に行きました。
    天気は前日は晴れであったが、当日は朝から曇り。晴れならまだしも、12月でこの天気はつらい。厚着はしてきたものの、吐く息は白いし、指はかじかんでしまうで大変。こういうイベントは11月までにやってもらいたいと思ったのでした。

    私の場合、当日新幹線で浜松へ行ったため、基地に到着したのは9時〜9時半の間。駅からのシャトルバスの中からT-3らしき飛行機が見えました。この基地ぐらいでしか見られないE-767(AWACS)のデモフライトですが、私が基地に着く前に離陸してしまい、どうにか最後のフライパスを見ることができました。

    次は戦闘機のリモートによるデモフライト。小松基地からF-15が2機、岐阜基地からF2が1機飛来しました。この時、1機のF-15のノズル付近から、大きな炎が吹き出るシーン(アフターバーナーではない)が見られました。あれは一体何だったんでしょう。自動車で言うところの「バックファイヤー」とか「アフターファイヤー」なんでしょうか。

    天気は相変わらずの曇り空のところに11時頃からかすかに雨が降り始めました。これはまずいと思っていたのですが、ブルーインパルスのフライト時には、ちょっと晴れてきました。まあ、それでも雲は十分多いのだが。私としては今回初めて「サクラ」を実際に見られたことが収穫か。どうせ見るなら、晴れた日に見てみたいです。

    ブルーインパルス終了後、天候は悪化。ついには傘が必要なほどの雨が降ってきました。そんな中で帰投を見たわけですが、この雨でお客さんも幾分減ったようです。だけどどういうわけか、ブルーインパルスが飛ぶ時になると、また天候が回復。何故かは知りませんが、一気にまとめて飛ばすのではなく、1号機〜4号機を先に離陸させ、しばらく時間を置いて(10〜20分程度?)残りを離陸させました。

    浜松駅へのシャトルバスの最終便が迫っていたので、そろそろ引き上げに。バスに乗ったが、渋滞のためになかなか動けない中、巨大な爆音が聞こえました。地上展示してあった2機のF-18が離陸したようです。バスの窓からほぼ垂直に上昇して行く2機の飛行機が見えました。

    航空自衛隊浜松基地のウェブサイトによると、この日の入場者数は約8万人だそうです。

    それから、場内で売っていた有料のプログラム。ブルーインパルスが編隊で背面飛行している写真を上下逆に載せてはいけませんよ。(つまり、パッと見は正常位置で飛んでいるが、アングルに違和感がある写真になっている)


    スケジュール
    posted by fullmoon-pon at 23:55 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 航空自衛隊航空祭@浜松基地 (2005/12/04)

    2005年11月05日

    航空自衛隊航空祭@入間基地 (2005/11/03)

    11月3日、入間基地(埼玉県)の航空祭を2年ぶりに見に行きました。
    天気は曇り時々晴れ。雲の間から時折日光が差し込む事はありましたが、基本的には雲ばかりの空。前日は晴れていたのですが、残念。

    ここの基地でよく行うのが、C-1輸送機のデモフライト。数機のC-1による編隊飛行、習志野駐屯地第一空挺団の40名が2機のC-1から落下傘降下を行いました。

    午後からはブルーインパルスのフライト。しかし天候はあまり回復せず、雲が厚すぎ。せっかく「バーティカルキューピッド」で描いたハート印や「スタークロス」で描いた星印も、スモークの白が雲に溶け込んで、非常に見づらかったです。
    手持ちのコンパクトデジカメも、液晶ファインダにスモークが映らないことがあってビックリ。光学ファインダなら見えるので、久々に光学ファインダを覗き込んで使ってしまいました。

    ブルーインパルスのショーが終わった後は、外来機の「帰投ショー」。
    ブルーインパルスの7機が2隊に分かれて帰るシーンも見ごたえあったが、一番最後のF4の離陸が一番見ごたえがあったかも。

    埼玉新聞の報道によると、この日の入場者数は約15万人だそうです。
    posted by fullmoon-pon at 07:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 航空自衛隊航空祭@入間基地 (2005/11/03)